探偵が行う浮気調査とは、どのような調査内容なのか?

浮気調査とはどのような調査内容?


パートナーに浮気をされてしまったかもしれない……、そう考えたときに、ひとつの手段として浮気調査を思い浮かべるでしょう。
ですが、浮気調査が具体的にどんな調査なのか分かっていないのではありませんか?

浮気調査は探偵に依頼をすると、もちろんそれなりの金額がかかりますので、なんとなくやってみた、ということをすれば後悔をすることもあります。

あらかじめ、浮気調査の内容やどんなことができるのかを知っておきましょう。
納得した上で探偵に依頼をすると、後悔がなくベストな浮気調査ができるはずです。


浮気をしているか確かめる
浮気調査の基本は、浮気が疑われるターゲットの尾行や張り込みです。
探偵が尾行や張り込み、また聞き込みを行うことによって、ターゲットが浮気をしているのかどうかを突き止めます。
スマホに残るメッセージや写真から浮気が疑われる場合でも、実際に浮気をしているのかどうかを確かめるには、上記のような方法による調査が必要です。
浮気調査では、このようにターゲットの浮気疑惑を白黒ハッキリさせることができます。


浮気相手について特定する
浮気調査は、ターゲットが浮気をしているかどうかを調べるだけではありません。
浮気調査を行ったとき、本当に浮気していたときには「浮気相手を特定」すること、そして「浮気相手の身元の調査」もできます。

浮気相手に付き合いをやめてもらうための内容証明を送ったり、慰謝料を請求するためには、浮気相手本人の連絡先といった情報も必要になるからです。
このように浮気調査では、相手の名前や住所、勤務先といった情報の調査も行うことができるのです。


浮気の証拠を掴む

もし浮気をしていた場合は、そのことを証明できるだけの証拠を調査で掴むことも浮気調査の内です。
実はこの、離婚協議で有利になる証拠・調停や裁判となった時でも認められる証拠を掴むことこそ、浮気調査で最も求められるポイントになります。
具体的には、浮気相手とラブホテルへ行った写真や動画のような肉体関係を証明できる証拠のことです。

スマホやパソコンに残るやり取りなどは、自分でも集めることができるでしょう。ただ、そうしたものが必ずしも慰謝料の請求や離婚の際に役立つとは限りません。それどころか調停や裁判では、浮気の証拠として認められないこともあります。
つまり、“ご自分の思う浮気の証拠”と“公の場での浮気の証拠”は違う、ということだけは覚えておいてください。

探偵が行う浮気調査は、調停や裁判といった公の場であっても採用される内容の証拠を掴むための調査なのです。

報告書を受け取る
浮気調査の報告は、口頭ではなく必ず形に残る書類などを探偵が作成し、依頼者に提出することになっています。
書類に加えて、動画や音声データも提出されることがあります。

浮気調査の報告書は、相手が浮気していた証拠の塊です。ターゲットの行動や様子・不貞行為を働いていることが分かるように、時系列で詳細に記載されています。報告書の種類によっては、裁判でも利用できる物となるため非常に重要です。

ただし、探偵事務所によって浮気調査の報告書のレベルは異なるので、注意しましょう。

浮気調査とは?浮気調査の流れから料金まで


困っていたら探偵に浮気調査の相談を

以上が浮気調査の一般的な調査内容になります。

  • 浮気をしているかどうか知りたい
  • 浮気相手は誰か調べたい
  • 浮気の証拠をつかみたい
  • 浮気の証拠を活かして有利な立場にたちたい

こうした希望があれば、ぜひ浮気調査を行う相談をなさってください。

探偵事務所によってはカウンセラーが常駐しており、浮気の悩みについて相談ができることもあります。
また、浮気調査では、相談者の依頼に応じて別の調査をプラスすることも可能なはずです。
何か追加で調査をして欲しいことがあれば、探偵に相談をしてみてはいかがでしょうか。